家庭用脱毛器を使って自己処理したあと、皮膚が赤くなる

家庭用脱毛器を使って自己処理したあと、皮膚が赤くなることがあります。もしかゆくても、こすってはいけません。
時間を置かず風や水にあてて冷やすことで症状はおさまってくるでしょう。
説明書にもありますが、脱毛後のお肌が赤くなるのは炎症のせいですので、汗をかかないよう、患部を清潔に保って冷やすことが大事です。
そのようにしていても赤いままで改善が見られない、あるいは悪化するようなときは、皮膚科を受診しましょう。
炎症が悪化して赤み以外の症状(化膿など)が出てきたら、放っておかず、専門家の適切な治療を受けるようにしましょう。もし、ピルを服用していても特に医療脱毛が認められていないということはありませんが、色素沈着が起こりやすいという恐れがあるのです。
そうは言っても、確率を見れば低確率ですし、あまり気にしなくても大丈夫です。
もし、万が一、安心できないならカウンセリングの時に相談することが大切です。
抜かない!剃らない!というCMで有名な、no!no!HAIR(ノーノーヘア)は、ムダ毛に熱を伝えて処理するサーミコン方式の脱毛器です。
除毛ですが、家電比較サイト等では脱毛器と一緒にカテゴリー分けされています。
肌に光をあてるのではなく、ムダ毛に熱を加えて焼き切る仕組みですので、使用中のニオイの発生は避けられないようです。個人差はあるのかもしれませんが、クチコミを見るとニオイが「すごい」と表現している人もいます。テーブルの上に置きっぱなしにしてもぜんぜん違和感のないデザイン性の高さや小ささは評価が高いのですが、一方で、製品レビューを見ると、効果が実感できない、ニオイの割に処理できていない、仕上がりの見た目が不満という声が、割と自然に目に入るほど多いのは、個人差なのか本体性能によるものなのか、気になるところです。熱処理という方式の中に限ってみれば、処理後にチクチクしないところが良いという人や、繰り返し処理していくことで、それなりの除毛効果は得られたという人もいるようです。無駄毛のない肌にしてもらうサロンの予約日には、事前のお手入れが必要です。電気カミソリで以って、簡単に使えて肌にも負担なくキレイにしておけるでしょう。
昔ながらのカミソリやワックスなどでは、肌にとってあまり好ましくありません。
そうしたら、最先端のマシーンでも受けることができず、あきらめなくてはなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です